タレントプロフィール マセキ芸能社所属のタレントの紹介!


三代目 桂枝太郎(かつら えだたろう)
本名:佐々木 修市
生年月日:1977年8月28日
出身地:岩手県衣川村(現・奥州市)にて生まれる

1996年3月 岩手県立岩谷堂高校卒業
1996年6月 桂歌丸 門下に入門 前座名「桂歌市」
1996年11月 楽屋修行開始 正式に前座として働く 浅草演芸ホールにて初高座 演目は『つる』
2000年6月 二ツ目昇進 「桂花丸」に改名
2009年5月 真打昇進 三代目「桂枝太郎」を襲名
2009年 フジテレビ「レッドサブトン」(レッドカーペットの落語版)にてレッドサブトン賞 受賞

※故郷岩手県から「いわて文化大使」「奥州大使」に任命される
※都内寄席、演芸場、ホール他全国の市民会館、ライブハウスなどで精力的に落語会を行う
※横浜にぎわい座、新宿ゴールデン街劇場にて独演会を開催中

【落語】
古典落語のほかに、自作の創作落語 狂言師 三宅右近 
氏から習い、狂言の曲を落語につくり変え演じている

【TV】
日曜日 17:30~18:00 NTV「笑点」※アシスタント 
プリントアウト
出演実績
■テレビ
【テレビ朝日】
「銭形金太郎」

【フジテレビ】
「笑っていいとも!」

【日本テレビ】
「大笑点」「ぶらり途中下車の旅」

【NHK】
「日本の正月」

【CS】
「らくごくら」

【テレビ岩手】
「マース演芸場」「夢トーク」

■ラジオ
【エフエム岩手】
「クリーンエコキャラバン」「サウンドストリート」「モコの夜はこれから」

■雑誌
Get Navi「あたまの良くなる子の育て方」(学習研究社)
「yokohama walker」他新聞多数

■DVD
Get Navi「あたまの良くなる子の育て方」に創作落語『私を旅行に連れてって』収録

■WEB
東京新聞「桂枝太郎の東京マドンナを訪ねて」連載

■CM
「東京新聞」
当サイトに掲載されている全てのデータは、株式会社マセキ芸能社が管理しています。無断転載を固く禁じます。
Copyright © MASEKI GEINOSHA all rights reserved.
プライバシーポリシー特定商取法に基づく表記